MT4をバイナリーオプションで使いやすいように初心者向きにカスタムしよう

「MT4にインジケータを入れて、攻略するんだよ」くらいまでは伝わったと思いますが、具体的にどうするのかをようやくお伝えする時が来ました。

MT4をバイナリーオプション向けにカスタム


多くの解説では、ここからのカスタムは「各自が使いやすいようにカスタムしましょう~」って事なんですけど、

どうするのが使いやすいのか? 私はこう使っていますよ。

というのを解説していきます。

MT4をバイナリーオプション向けにカスタム


まずは、MT4の初期画面ってこれの4画面だったかな? こんな感じなんですよね。 これをまず1つにします。 USDJPYってのがあればそれだけにします。

1つだけの残し方は、

①右上の「×」を押すと消えるので、USDJPY以外のを消す。

②残したチャートの上のスペースをダブルクリック

これで一つだけのチャートを大きく表示させます。

チャートをローソク足にしよう


さて、次にこのチャート画面になります。 まだよく見るMT4の画面とは違いますね。 このカクカクしたチャートは分かりづらいので「ローソク足」と呼ばれるチャートの見方にこれから改造します。

それは①のあたり・・自動売買って書いてある文字の右隣りに、「L」みたいなボタンが3つ並んでいます。 これを、L1みたいなのにします。 いかにも「ローソク」って感じのボタンです。 というか適当にどれか押すと、


これになります。 ローソク足がなんといっても見やすいです。 ローソク足の見方は別の記事に書きます。

チャートの自動スクロールとチャートの右端をシフト


そして、上にある虫眼鏡の右の方にある、これもL▽ L← みたいなボタン。 これを二つとも押しておきましょうか。

一つは、放っておいても自動で最新のローソク足が表示される、自動スクロール。(ボタンを押さないと画面の外に最新のローソク足が表示されちゃうので。

もう一つは、左に寄せて右にスペースを作っておくボタンです。 これは後で理由が分かります。

MT4にインジケータを入れる方法


インジケータと呼ばれる、「予測する為に便利なやつ」を入れる為には、上のメニューの「挿入」→「インジケータ」で入れていく事が出来ます。 それよりは、MT4の左下にある「ナビゲータ」という所にある、「インジケータ」という所から、ドラッグアンドドロップで左から右にひょいっと移動させるのが簡単です。

ローマ字になっていますが、Ichimoku Kinko Hyo って有名な「一目均衡表」だったり、Moving Averageは「移動平均線」の事です。

インジケータの説明はまた別の記事でするとして、バイナリーオプション攻略でオススメの設定だけ記載しておくと、


〇一目均衡表(Ichimoku Kinko Hyo)・・設定は標準
〇移動平均線(Moving Average)・・期間25日(黄色に色を変えてあります)
〇移動平均線(Moving Average)・・期間75日(緑色に色を変えてあります)
〇移動平均線(Moving Average)・・期間200日(オレンジに色を変えてあります)

これが入っていると良いと思います。 移動平均線は3回に分けて3本も入れるという事です。

例えばFX関連の話題が無料で聴けるラジオや、ニュースでは「日足一目均衡表を見ると~」とか、「25日移動平均線が~」等と当たり前のように言いますので一般的にもみんな見ているのだなという感覚があります。

これ以外だと、ボリンジャーバンドも当たり前に解説に出てきますが、攻略では使いづらいので今回は表示させていません。

前日の高値と安値にラインを引く


自動でいろいろ表示してくれるインジケータだけでなく、自分でラインを引いたりも出来ます。

左上にある、縦線とか、横線。 横線と斜めの線が一番使います。 とりあえず、バイナリーオプションの場合は前日の高値や安値で跳ね返りがちという法則を使って攻略したいので「-」マークを押して前日で一番高い値と、安い値に線を引きます。


1時間足で見るとどこか分かりづらい場合は、日足にして1本前のローソク足の上(棒みたいな線も含む)と下に線を引きます。

時間は上のM1とかM5とか書いてある所で切り替え。 Mは分、Hは時間、Dは日、Wは週、Mは月です。

どのように使うか?


という事で、だいたいこんな画面で取り引きを行います。 1時間足にしてパソコンで表示させながら、別の事をしながら狙うポイントに達するのを待ちます。

例えば、①のラインは昨日の最安値なので、ここまで落ちて来たら一時的にこれ以上は下に行かないという法則があるのでここでHIGHを狙います。

一目均衡表も「抵抗」を表すので②のような雲のような部分の入り口で中に入ろうとするのを拒むのでそこまでタッチしたらLOWを狙います。

これで大体のイメージはつかめたと思いますので、各インジケータの説明ページと、もっと具体的なバイナリーオプションの画面とMT4の画面を同時に表示させて取引する具体的な方法へ進んでみましょう。


コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。


関連記事


バイナリーオプションおすすめ業者ランキング