バイナリーオプションの手数料

バイナリーオプションをしたいときに「取引手数料や口座維持、入出金手数料はどのくらい必要だろうか?」と疑問に思うことも多いものです。あるとしたら、どこが安いのか。できれば、すべての手数料が無料なところがいいですが、果たしてそのような業者があるのでしょうか。

バイナリーオプションで各手数料が無料な業者は?

これまで調べたところ、無条件ですべての手数料がゼロというところはないようです。特に気を付けるのは出金手数料で、うっかり知らずに出金依頼をして期待外れな金額しか振り込まれなかったという経験を持つ人も居るようです。この出金に関しては業者が元から「1回につき○○円」とか「○○円以上の出金なら手数料は無料」とか「キャンペーン中は手数料無料」などなど、無料だとしても条件が付いていたりさまざまです。ただし、基本的には「海外バイナリーオプションでは、出金手数料は一般的に取られる」と覚えておいたほうがよさそうです。

他にも「手数料」といえば、入金や口座維持のさいに必要なのではないかと思いますが、こちらはあまり気にされていないのではないでしょうか。「入金の手数料は無料」としっかり明記してあるところも多いのです。ただし、日本では珍しい「口座維持手数料」「口座管理手数料」を決めているところもあります。(この2つの言葉は同じ意味です。2種の手数料を取られるという意味ではありません)

バイナリーオプションでの手数料とは

バイナリーオプションの口座を利用するうえでの手数料としては、以下のものがあります。取引時に手数料がかからない業者がほとんどですが、出金時に手数料が必要なところは多いです。

バイナリーオプションで「手数料」にあたりそうなものは、このようなものがあります。

入金手数料
出金手数料
口座維持手数料
トレード手数料
スプレッド
※為替手数料

このリストの※印の「為替手数料」ですが、入出金のときにバイナリーオプション業者が取るのではなく、中継した海外の銀行で取られてしまうことがあります。

わりとみんなが使っている人気業者の多くは、申請すればこの「為替手数料」を払い戻してくれるところもあるので、忘れずに手続きをしましょう。

また、スプレッドはオプションを購入するときのレート差で、一般的にはペイアウト率の高いオプションはレート差が大きくなっています。バイナリーオプションでは為替を直接やりとりしないので、このスプレッドが直接、業者の手数料(儲け)になることはありません。

※スプレッドとは:FXや為替オプションをトレードするときに、業者が提供するのは、スプレッド分を乗せた価格です。たとえば、市場の為替レートが1ドル100円だとします。そのときに私たちが1ドルを調達しようとすれば、100円と両替してもらうわけですが、このときに業者が両替という仕事をしてくれるわけです。そこには手数料という意味でいくらか払わなくてはなりません。なので実際は業者に100.03円などと0.03円高い円を支払って1ドルと交換してもらいます。この「0.03円」がスプレッドです。

ちなみに、FXやバイナリーオプション業者に支払うスプレッドは大変安く、市中の銀行では今112.10(2017年5月)で1ドルです。このごろのレートはFXなら1ドル111円前後ですから、銀行の交換手数料がいかに高いかわかります。

余裕のある方は「銀行 TTS」(ショート)「銀行 TTB(バイ)などで検索すると面白いです。TTSは売値で、TTBが買値です。ちなみによく話題になる仲値はTTM(ミドル)です。参考URLhttp://www.kinkiosakabank.co.jp/hajimete_guide/gaika/what/tts_ttb.html

バイナリーオプションの入金手数料

例えば「ハイローオーストラリアに口座開設したぞ!さあ口座にお金をいれてトレード開始だ!」というときの手続きが「入金手続き」です。このときに手数料を取る業者はまずいません。FXや株の口座を開いても同じです。

ただし、自分の銀行やプリペイドカードのほうで海外通貨に替えてから、海外バイナリーオプション口座に入金がしたいときに両替の手数料、つまり為替手数料がかかる場合はあります。

また、普通の銀行送金でもかかる「振込手数料」が自分の銀行から引かれることもあります。これは相手先の自分専用銀行口座に振り込む場合に要チェックです。

(つまり銀行送金のときにはチェック項目が増える)

バイナリーオプションの出金手数料

バイナリーオプションを楽しむうえで、よく知っておかないと困るのがこれ。最近は、みんなが使うようなところならどの業者も出金手続きがしやすくなってきました。

出金の際の手数料は多くの業者で設定されています。ただし、トレード条件を満たすとか一時的に開催される「手数料無料キャンペーン」を利用して無料にすることができます。

こちらも、為替手数料には注意です。

バイナリーオプションの口座維持費手数料

「口座維持費」「口座管理費」「口座維持手数料」「口座管理手数料」などなどの名前で、しばらくログインせずに放っておくと1,000円とかのちょっとした金額を引き落とされる制度を採用している業者があります。
個人的な体験ですが、インターネットで「○○社は口座維持手数料がかかる」という噂を読んで、慌てて解約を申し込んだところ「当社は口座維持手数料は不要ですので、このままにしておかれても大丈夫ですよ」という返答をいただいたことがあります。そして、1年以上経ちますが、1円も請求されていません。

こちらも不安ならどんどん業者に問い合わせてみましょう。ほとんどの業者がチャット式で気軽に話しかけられるのが良いですね。

バイナリーオプションのトレード手数料

トレード手数料を取る業者は、いままでバイナリーオプションでは見たことがありません。トレードの手数料とは、たとえば株の取り引きなどでは必要なのですが「100,000万円までの約定で300円」などと決まっています。(この例だと1,000円の株を100株買うときには、注文が成立したら300円取られます)

バイナリーオプションでは、以前は一部の心無い業者がエントリー時のレートを顧客に不利なほうにずらして約定させ、顧客の負けを増やしていたのだそうです。しかし今ではそのような業者は淘汰されているようで、そういう話を聞かなくなりました。また、普通の業者でも主要国の政策金利発表時、要人発言時、重要指標発表時はどの業者も、レートは多少ずれて約定することはあり得ます。

こういうときは為替市場すべてがうまくレートを提供できない状況ですので、これをもって業者の儲けとするのはちょっと難しいかと思います。

バイナリーオプションのスプレッド

FXと同じように、バイナリーオプションにもスプレッドがあります。スプレッドとは「売りと買いの価格差」とでも覚えておくと良いでしょう。直訳すると「値幅、広がり」という意味もあるようですが。もしFXなら、業者がスプレッド分だけ高く売って安く買うので、これが業者の儲け(手数料のかわり)になります。

さきほどの解説もぜひ参考にしてみてください。

バイナリーオプションでもスプレッドが発生する業者があるのですが、FX業者みたいに「スプレッドが○○銭!」などと公表していないのでここはブラックボックスになっているのかもしれません。

ハイローオーストラリアの「HighLowスプレッド」を見ると、スプレッドがドル/円で2~3pips(0.02円~0.03円)のことが多いです。この分、顧客にとっては不利になりますが、そのかわり「ペイアウトは2倍ですよ」となっているわけです。「ペイアウト2倍の魅力的なサービスを提供しますから、そのぶん手数料としてスプレッドをつけますよ」ということですね。

他の業者でも「スプレッド」「Spread」などと名前に付いているオプションタイプがあれば、同じように考えて良いでしょう。

ただこのスプレッドはあくまでも「顧客が負ける確率が高まる」ものですので、この分がバイナリーオプション業者の儲けになるかというと、そうではありません。「スプレッド取引をしてくれれば、負けてくれやすくなるので、業者は儲かりやすい」ということで儲けにつながるということはあります。

(FX業者は直接為替を交換するので、そのレートが有利な分、FX業者の儲けになります。また相対取引や取引所取引の違いもありますが、今回はスルーさせていただきます。とにかく、バイナリーオプションではスプレッドを取られる!と考えなくてもいいけれど、スプレッドが開けば不利ではある、ということです)

バイナリーオプションの為替手数料

入出金のときに、どうして為替手数料が発生することがあるのか、という話です。

仮に私が○○銀行に円を預けているとします。○○銀行から、「xxバイナリーオプション業者」の自分の口座に入金したいのですが、ここはドルかユーロしか受け付けてくれません。
なので、ドルに両替して入金します。

このとき、円からドルへの両替手数料が発生します。
両替をしてくれるのは、○○銀行なので、○○銀行に、私は為替手数料(両替手数料)を支払うことになる、ということです。

さきほどの「バイナリーオプションでの手数料とは」の「スプレッドとは」にも書きましたが、銀行での為替手数料は大きいので注意です。

各「手数料」でバイナリーオプション業者比較


(この図はteade200のよくある質問のページ。手数料はバカにならないので、しっかり調べましょう)

比較的人気があり、利用者数が多い業者を比較してみましょう。この7社についてです。2017年5月29日時点です。

ハイローオーストラリア
TRAD200
ソニックオプション
FXbinary
Thebinary
プライベートオプション
Binary30

入金手数料比較

業者名 入金手数料が必要かどうか 備考
ハイローオーストラリア 無料、ただし銀行からの手続き時にその銀行で必要な手数料は顧客負担 BTC入金対応スタートで注目、経験上不審な手数料を取られたことはありません
TRAD200 無料、銀行からの手続き時にその銀行で必要な手数料は顧客負担
ソニックオプション 「よくある質問」ほかに”入金手数料は無料!”とある 入金時にも中継点の銀行などで為替手数料が発生したら顧客の負担と明記されている
FXbinary 入金時の手数料について明記無し 中継点の銀行などでの為替手数料は顧客負担とのことなので、入金も同様のようです
Thebinary 入金手数料について明記無し 中継点の銀行などでの為替手数料は顧客負担で、”ご自身でご確認ください”と明記されている、BTC入金対応
プライベートオプション 「よくある質問」に”ご入金時の手数料はいただいておりません”と明記 但し書きとして”銀行振込の振込手数料はお客様負担となります”とある、為替手数料等の記述がないので、振込手数料と同じと考えられる
Binary30 入金時の手数料について明記無し Visa、Masterのクレジットカードかプリペイドカード、銀行送金のみに対応

出金手数料比較

ここが一番気になるところで、特に注意深く確認が必要です。
「○○円以上取引しないと出金できない」などの条件がある業者も。手数料が必要なところはすべて、出金額からの差し引きで徴収しています。

業者名 出金手数料が必要かどうか 備考
ハイローオーストラリア 銀行への出金手数料は無料、ただし10,000以上でないと出金できない 最小入金額が5,000円なので、口座内のお金を10,000円以上に増やさないと自分のお金なのに出金できないことになる
TRAD200 出金手数料は3,000円、中継点の銀行などでの為替手数料も顧客負担 ただし、頻繁に「出金手数料無料キャンペーン」をしているので、できるだけ利用したい
ソニックオプション 出金手数料は3,000円、中継点の銀行などでの為替手数料が顧客負担 こちらも「出金手数料が今は3,000円のところ無料キャンペーン中」とよくやっています
FXbinary 低額の出金には35ドルの手数料がかかるが、条件を満たせば無料 「よくある質問」には”※20万円以下の出金の場合は$35の手数料がかかります。ご出金手数料はご出金額より差し引かせて頂きます”とあり、中継点の銀行などでの為替手数料が発生したらお客様負担とのことが明記してあります
Thebinary 出金手数料は無料だが「よくある質問」には”最低出金額は、10,000円(100ドル)から”とあるので、100ドルなら今は11,125円になる 出金までの日数は、通常は5営業日とのこと、中継点の銀行などでの為替手数料は顧客負担
プライベートオプション 1回の出金につき4,000円もしくは400ドルとのこと、今400ドルは44,500円 中継点の銀行などでの為替手数料は顧客負担で、振り込み時の為替レートにより手数料が変化するとのこと、完全にドル建てのようなので、為替レートに注意しながらの出金になりますね
Binary30 「よくある質問」に”ご出金1件につき一律30$(外貨の場合は同額相当)の手数料が発生いたします”とある 中継点の銀行などでの為替手数料は顧客負担で、それぞれお客様のほうで、銀行にお問い合わせくださいと書いてある

口座維持手数料比較

業者名 口座維持手数料が必要かどうか 備考
ハイローオーストラリア 無料
TRAD200 無料
ソニックオプション 明記はない が、経験上取られたことはありません
FXbinary 無料 「よくある質問」に”取引手数料、口座維持手数料は無料”と明記
Thebinary 発生することあり 「よくある質問」には”また口座開設や口座管理に対する手数料や費用はかかりませんが、最終ログインから弊社サイト未使用のまま1ヶ月経過した場合、未使用残高の管理対価として、1ヶ月経過した時点で口座維持費:月額1,000円を残高より引き落としさせていただきます。”とある。1か月間ログインもなにもしないと、残っている口座残高から毎月1,000円ずつ消えていくようです
プライベートオプション 無料 「よくある質問」には”ご登録手数料、口座維持手数料、月額費は一切掛かりません”と明記
Binary30 明記無し

トレード手数料比較

業者名 トレード手数料が必要かどうか 備考
ハイローオーストラリア 無料
TRAD200 無料
ソニックオプション 無料
FXbinary 無料 「よくある質問」に”取引手数料、口座維持手数料は無料”と明記
Thebinary トレード時に手数料が必要かの明記無し
プライベートオプション トレード手数料が必要か明記はない が経験上、発生したことはない
Binary30 トレード手数料が必要か明記はない が経験上、発生したことはない

スプレッドと為替手数料について

最初の一覧には書きましたが、スプレッドは手数料といえないので、表にするのはやめました。また、為替手数料は「入金手数料」「出金手数料」のところに各社の対応を書いておきましたのでぜひ参考にしてください。

手数料が節約できるバイナリーオプション業者おすすめランキング


(こちらはハイローオーストラリアのよくあるご質問のページ。このページが親切かどうかも、良い業者を選ぶめやすになります)

海外バイナリーオプションを使っている人が一番気にするのが、出金手数料です。過去にはわかりにくい説明で多額の出金手数料を引き抜いていしまう業者もありました。

今回取り上げた業者は、そんなことはないのですが、わかりにくいとか条件付きとかは、いまだにありますね。おススメランキングを作ってみました。

すべての手数料について、おススメ業者のランキング

順位 業者と理由
同率1位 ハイローオーストラリア、TRADE200、ソニックオプション:「いつも出金手数料が無料だが、条件付きのハイローオーストラリア」と「出金手数料が有料だがいつも無料キャンペーンをしている2社」が1位です
2位 Binary30:出金手数料はドル建て、一律30ドルと安いのでこの順位
3位 FXbinary:出金手数料が35ドル、出金額が20万以上なら無料という条件つきのためこの順位
4位 プライベートオプション:出金手数料がドル建てで400ドルと高いのでこの順位
5位 Thebinary:出金手数料は無料だが、条件付きがツライ。それに口座管理手数料がかかるのはツライのでこの順位

手数料を節約できる業者おすすめまとめと雑感

結果として、「よく広告を目にする業者」が上位に並ぶことになりました。
見分け方としては、「よくある質問」のページを開いてみて、手数料についてしっかりと明記されている業者であることは大前提です。そして、各手数料についてわかりやすい言葉できちんと説明されているかどうかも決め手です。

チャットや「お問い合わせ」メールも活用してみましょう。返信までの時間はそれぞれで、あまり早くない印象ですが、多くの業者がフレンドリーに応えてくれます。

後々のトラブル防止のために念のため、チャットのやり取りの文字や電話の音声を保存しておくのもおススメです。


コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。


関連記事


バイナリーオプションおすすめ業者ランキング