バイナリーオプションをスマホでも使いこなそう

少し前まではバイナリーオプションもFXも、株も、短時間で戦うデイトレードやスキャルトレードはパソコンを使うのが基本イメージでした。 やっぱりデータや情報が命ですからね。

しかし、iPhoneとandroidの登場で、トレーダーのスタイルや日常も変わってきているようです。

バイナリーオプションだけじゃない!スマホの普及率がすごい


総務省「図表7-2-1-1 情報通信端末の世帯保有率の推移」より
バイナリーオプションが目的というより、すでにみんな持っているスマホ。スマホがどんな勢いで普及しているのか、総務省のデータがあります。「22」という数字は「平成22年」のことですが、このグラフの右のほうの平成22年から急に現れて、強い角度で右肩上がりになっている赤い点と線が、スマートフォンの保有率の推移です。

スマホはパソコンより急な勢いで世界中で使われている

これまで発展途上国とされていたような国で、パソコンや携帯電話よりも先にスマホが普及して電子決済も日本よりも活発に行われているような面白い現象が起きています。

さっきの総務省のグラフでも、スマホ保有率を表す赤い線より上の「携帯電話」「スマホ以外のインターネット接続機器」をもうすぐ追い抜くかもしれません。

バイナリーオプション、FXでもスマホで取引する人が急増

ラジオ日経の動画を見ていたら、FXのスマホアプリがすごく進化して使いやすくなっているのに驚きました。

それは余談ですが、そこで「勝っているトレーダーはスマホのワンタッチ注文を使っている比率が高い」といった話が出ていました。この話は、瞬間勝負のバイナリーオプションにも共通するかもしれないとふと思いました。

以前、私が必勝法として提案した攻略法のページはご覧になりましたでしょうか?「>>バイナリーオプションの必勝法はこれしかない!

この必勝法を実践するとしたら1日中パソコンに張り付いていないといけないので一部のIT系のお仕事をされている方しか出来ません。

しかし、スマホでしっかりトレードが出来るとしたらチラチラ気にしておき、そろそろラインにタッチしそうだな・・という瞬間をとらえやすくなりますよね。

なのでスマホでトレードが出来るというのは必勝パターンの取引回数が増えるという事ですね。

このラジオは日本のFX業者の話題だったのですが、そういえばどこの注文画面もワンタッチで注文できる便利な機能を備えています。

海外バイナリーオプションのスマホアプリも負けずに進化していて、一時よりはずいぶん使いやすくなりました。

バイナリーオプションとスマホ、相性の良いところそうでないところ


手の中に納まるスマホでのトレードは、バイナリーオプションと相性が良いようです。

バイナリーオプションのスマホアプリの良い点

スマホは指で直接画面に触れるという操作方法なので、直感的に操作ができます。バイナリーオプションのように瞬間的な勝負では1秒以下のロスも嫌なものです。

スマホでバイナリーオプションのトレードをする一番の利点は操作性ではないでしょうか。

いつでも、どんな場所でも、手元で分析とトレードがささっとできてしまうのはすごいことで、チャンスを捉える確率も高まります。

いつでも、に関してですがあまり自慢できる話ではないですが欧米市場で動きやすい、深夜2時や3時など、ベッドの中でトレードできるのは良いのではないでしょうか。どんなにすばらしいチャンスの日でも真冬に起きだしてPCまで移動するのは辛いものです。

バイナリーオプションのスマホアプリの困る点

最近は、バックグラウンドでYouTubeの音声を流すことができるなど、スマホもiPhoneもますます便利になってきました。スマホの最大の難点である「複数ウィンドウを同時に開けない」問題も解決したものも出てきました。

でも、まだまだ多くのスマホでは、他のバイナリーオプションアプリを開いているときには、分析用のMT4チャートを出すことはできません。PCとスマホを両方開いてトレードしている人も多いのではないでしょうか。

気を付けていないと、思っていない場所に触れてしまい無駄な負けを重ねてしまう危険もあります。いつでもどこでもトレードでき、短い時間で終えるバイナリーオプションですが、それが逆に欠点となり暇な待ち時間にもついアプリを起動、外なので落ち着いてトレードできずに負けてしまうということもありそうです。

このあたりは、自己管理も関わってきますね。

通信状態の悪い場所に突然差し掛かった時に途中清算できない!などというハプニングの可能性も考えておかなくてはなりません。

進化したスマホでぜひ使いたい、バイナリーオプションをサポートするスマホの通知機能とタイマーアプリ


(Yバイナリーのandroid用ダウンロード画面)

念願だったマルチウィンドウ、androidでは7.0のヌガーからどのandroid端末でも基本的には使えるようになりました。またiPhoneでもできるようになっています。

バイナリーオプションではニュースサイトやMT4チャートも見たいときがあるので、嬉しい進化です。

バイナリーオプションするときに特に便利な通知機能

マルチウィンドウは必ず使うので、はやくOSをアップグレードしておきたいですが、予算などの事情もあるので簡単にはできません。

ごく一般的にいままでのスマホでも使え、バイナリーオプションのためにぜひ使いたい機能として、「通知機能」があります。
たとえばMT4のスマホアプリに、「設定」というメニューがあり、「ニュースを有効にする」かどうかを選べます。音を鳴らす、バイブを振動させるかどうかも選べます。

ただし、MT4のスマホアプリではタイマーのようにセットして音を鳴らすとか、経済指標に連動させるとかいうことができません。

そこで、日本のどこでも良いのでFX業者のアプリをひとつインストールしておきます。デモ用のものだとチャートしか見られず、経済指標時にアラート音を鳴らす設定ができないので、口座を持っているところが理想です。裏技ではないですが、YJ!FXやDMM.comなど何年か口座に入金もせずトレードもせず、という状態でも残してくれるので、すぐに使わなくてはならないということもありません。

そして、各FX業者のアプリの使用方法に従って、気になる指標の時間に音で知らせてくれるように設定しておきます。そうすればたまたま席を立ってしまいPCから離れていても、トレードチャンスが来たら教えてくれます。iPhoneならiCloudカレンダー、androidならGoogleカレンダーが通知してくれるようにするのも便利で良いですね。

マネックス証券などでは、経済指標カレンダーとスマホのカレンダーとを連動させることができます。

もっとシンプルに「タイマーアプリ」を使っても良いでしょう。指標だけでなく、「1時間後」など好きな時間に音を鳴らすこともできます。

iPhoneにもandroidにもプッシュ通知機能がある日本のFX業者一覧


(FXプライムbyGMO「PRIMEアプリS」の画面)

ほとんどのFX業者のアプリは、iPhoneにもandroidにも対応し、音、プッシュ通知で経済指標を教えてくれます。プッシュ通知とは、他の作業をしていてもスマホ画面に内容を表示してくれる機能です。音やバイブレーション設定もできるようになっています。指標の時間を忘れていても安心です。

この機能のある業者はこちらです。シグナル発生まで教えてくれるところもあります。このリストになくても、できる業者もあるはずですが、特に使いやすく人気のあるものを並べてみます。

ヒロセ通商とJFXは人気の業者ですが、なぜかまだプッシュ通知はandroidに対応していないようなのではずしました。iPhone用にはあります。どちらかというと、どの業者でもiPhone用のほうが先に開発されるような印象があります。

・FXプライムbyGMO「PRIMEアプリS」 シグナル発生まで教えてくれてスマホでも「ぱっと見テクニカル」を見ることができて秀逸・YJ!FX!「CYMO」 ニュースや指標時間のほかに、通貨ペアの急変も教えてくれるのでバイナリーオプションには相性が良い

・DMM.com「DMMFX」 レートアラートと経済指標前に通知

・IG証券「IG証券CFD/FX取引アプリ」 レートアラート(ユーザーレビューで文句が多かったですw)

海外バイナリーでは、そのうちハイローオーストラリアかYバイナリーがやってくれるのではないかと楽しみにしています。

通知してくれると便利な時間帯まとめ

経済指標は勝手にFX業者がカレンダー通りにプッシュ通知やメール配信をしてくれるのですが、世界の市場のスタート時間やロンドンフィックスの時間などは教えてくれません。夏時間と冬時間の各市場の時間を載せておきます。この時間は、カレンダーアプリやタイマーアプリでないと設定できないかもしれませんね。

夏時間

夏は太陽が早くのぼるので、時計も1時間早くすすめようというのが夏時間です。サマータイムとも言いますが日本でも採用という話があったのに、なじまずに見送られてしまったという歴史があります。以下のリストは、良く動く時間帯として知られているものです。実際、ロンドンフィキシングの時間には、ドル/円なのに100%反転してFXのポジションを持ち越すと大損になることがよくあります。

日本時間
8:00 日本の指標が多い
9:00 日本株式市場スタート
9:55 仲値
15:00 日本株式市場おわり

16:00 ロンドン株式市場スタート
24:00 ロンドンフィキシング
24:30 ロンドン株式市場おわり

22:00 ニューヨーク株式市場スタート
23:00 ニューヨークオプションカット
翌5:00 ニューヨーク株式市場おわり

冬時間

欧米の冬時間は、私たち日本で使っている時間と同じです。夏だけずれるのです。

日本時間
8:00 日本の指標が多い
9:00 日本株式市場スタート
9:55 仲値
15:00 日本株式市場おわり

17:00 ロンドン株式市場スタート
翌01:00 ロンドンフィキシング
翌01:30 ロンドン株式市場おわり

23:00 ニューヨーク株式市場スタート
24:00 ニューヨークオプションカット
翌6:00 ニューヨーク株式市場おわり

スマホアプリのある海外バイナリーオプション業者比較


(ソニックオプションのメニュー画面)

次に、スマホアプリのある海外バイナリーオプション業者と使いごこちを比較してみましょう。

おススメなスマホアプリを持つバイナリーオプション業者

なぜおススメかというと、スマホから入出金までできるからです。そして動きがスムーズなのがこの3社。

・ハイローオーストラリア 操作性が高く日本人に合っている、ニュースも日本語
・オプションビット トレードシステムは良いが、ところどころ英語で困る
・ソニックオプション 上の2社と比べるとちょっと動きが遅いがメニューが使いやすく見やすい

ただ、ハイローオーストラリアに慣れていてある日オプションビットを使い始めたら、どうしていいかわからないということがありました。慣れも大切ですね( ;∀;)

とりあえずスマホアプリを持つバイナリーオプション業者

入出金未対応だったり、レビューが今一つだったりしますが、トレードシステムとしては使えています。

・Yバイナリー 少し見づらいのでこちらも慣れが必要
・ファイブスターズオプション 日本語に強いのは良い
・TRADE200 経済指標カレンダーもあり迷いましたが、入金しかできないのと、レイアウトが崩れるのと、動きがめちゃくちゃ遅いのでこちらに

スマホにあると便利なMT4アプリ


(MT4のPC画面)

バイナリーオプション業者のアプリをインストールしたら、隣に並べていつもチェックできるようにしたいのが詳細な分析のできるチャートアプリです。いちおう超メジャーであとで他のMT4業者のFXにもログインできるので、MT4を簡単にご紹介します。インストール方法や設定方法は書きませんが、検索するととても親切なサイトがいくつも出てきます。

ふだんPCで仕事をしているような人なら、簡単に設定できると思います。

MT4とは?MT4プロフィール


(MT4スマホアプリの画面)

MT4は、FXのトレード用プラットフォームです。たぶん世界で一番使われているのではないでしょうか。

作っているのは、なんとロシアの会社で、メタクオーツ・ソフトウェア社といいます。
世界中のトレーダーの要望を取り入れてバージョンアップし続け、カスタマイズの自由度も高いため、ベテランから初心者まで広く使われています。
バイナリーオプションでは関係ないのですが、自動売買のシステムを自分で組んだプログラムで動かすこともできます。
(バイナリーオプションでは自動売買禁止の業者も多いですが)

ダウンロードは無料で、FX業者によってはそこだけのオリジナルなカスタマイズをしたMT4を提供している場合もあります。

ほとんどの人は、メタクオーツ社のホームページから無料でダウンロードし、自分なりのカスタマイズで使っています。
すでに次のバージョンのMT5が出ています。しかしまだまだ長く使っていたMT4を手放せない人が多く、MT5が浸透しきれない状況が続いています。

メタクオーツ・ソフトウェア社のダウンロードページはここです。少し前まではぜーんぶ英語だったのですが、「メタクオーツ・ソフトウェア・ジャパン」のページではだいぶ日本語で書いてくれるようになりました。

このダウンロードページは、上のほうのオレンジ色のボタンはMT5用のボタンです。スクロールして下のほうにいくとMT4用のボタンがあるので、間違えないように気を付けましょう。同じページで「デモアカウント」も作ればおおかたの機能を使うことができ、チャートも見られるようになります。メールアドレスだけで作ることができます。

スマホアプリは、iTunesストアかGoogleplayで「MT4」と検索すればすぐ見つかります。こんなアイコンです。

スマホでMT4を見ながらバイナリーオプションをすると便利な理由

実は、バイナリーオプションだけでなくFXや株取引でも、MT4で相場分析をしている人は多いです。

業者によってはビットコイン、株価指数、原油やコーンなどのコモディティ、などなどいろいろと表示でき、それらすべてに使い慣れたテクニカル設定で分析できるのは本当に便利です。

そこで、スマホのMT4ですが、やはりPCでできることすべての機能は備えていません。画面も小さいですからタブレットならまだいいですが、複雑なインジケータを使っている人だとごちゃごちゃになりそうですね。

そうはいってもトレンドラインは指先だけでささっと引けますし、以下のテクニカルを備えています。チャートの色も変更できます。これならもう充分じゃないでしょうか。

メタクオーツ社のMT4スマホアプリにあるテクニカル・ADMインデックス
・ボリンジャーバンド
・エンベロープ
・一目均衡表
・移動平均線(シンプル、指数加重、平滑化、線形加重)
・パラボリックSAR
・ATR
・ペアーズパワー
・ブルズパワー
・CCI
・デマーカー
・ForceIndex
・MACD
・モメンタム
・RSI
・ストキャスティクス
・ウィリアムズ

他に、フラクタル、ボリューム、マネーフローインデックス、アクセラレータオシレーター、アリゲーター、アーサムオシレーター、など入っています。PCのMT4に最初からあるものがほとんどある印象です。なかなか便利ですね。

スマホでバイナリーオプション!勝利のコツ


スマホの機動的な特徴を最大に活かして、勝利を重ねたいですね!

分析用のチャートアプリですが、通貨ペアごとにローソクの色などを変えておくと、見間違いを防げます。よく見間違う人は一度やってみてください。通信状態の確認も忘れずに、準備をしっかりして落ち着いてスマホを手にしましょう。

また、PC画面にMT4などを表示させて分析しながら、エントリーはスマホという方式も、トレードしやすいです。個人の好みにもよるでしょうが、スマホの小さな画面だと思い通りのテクニカルを表示すると見づらくなり、エントリーボタンも押しにくくなります。

出かけた先ではできませんが、大きなPC画面を見ながら使いやすいスマホでエントリーというスタイルは本当に超おススメです。

うまい人は、バイナリーオプション口座の画面だけ見てやっていますが、そこまでの腕になるには時間と経験が必要ですし、そういう人もトレードの前には日足や週足を見たり、テクニカル分析をじっくりしたり、トレンドラインを引いたり、としているものです。

バイナリーオプション口座のアプリと同時に使うと便利なスマホアプリ一覧

同時に使いたいスマホアプリです。ここまでに書いたものも併せて、まとめておきます。
FX業者のアプリはチャートを見るだけならデモでもOKですが、ニュースや経済指標も見たいなら口座開設を。

・タイマーまたはカレンダーアプリ 気になる時間を教えてくれる、買っているオプションの終了時間をセットしても

・MT4または日本のFX業者のアプリ 最近ではFXプライムbyGMOのアプリがイチオシ、どれにしてもチャート分析に集中できる

・ザイ!FXアプリ 他には羊飼いさんのアプリなど有名人のものも。ザイ!FXは他のトレーダーの会話で空気感がつかめることも

他社の海外バイナリーオプションのアプリもたまに見ると、どちらかが自分と相性が良いと気づくときがあります。食わず嫌いよりもいつも新たな可能性を探るのが、トレーダーとして成長できそうです。

バイナリーオプションのアプリを探すときの注意点


気を付けたいのは詐欺アプリです。FXやバイナリーオプションはどうしてもお金が絡む世界なので、人の欲に付け込んで変なアプリを開発して課金する人が少なからずいます。

特に人気業者のアプリと見間違えるようなデザインにしてみたりと、詐欺にも手が込んできました。それを避けるためには、まずPCかスマホのブラウザ(インターネット閲覧用アプリ)で自分の口座にログインしてからその業者のサイト内のリンクからアプリダウンロードに進むことです。

たとえば、ハイローオーストラリアのアプリダウンロードのページはここになります。人気業者なだけあって、偽物のようなアプリもたまに見かけますので、必ず正規サイトからダウンロードページに行きましょう。

アプリのダウンロードページが見つからなければ、チャットなどで業者に問い合わせればURLを送ってくれます。さきほどのアプリのおススメ業者なら、どの業者のチャットもメールも親切なので、必ず正しいアプリをダウンロードして使うようにしてください。

まとめとトレードツールの将来


とにかく便利なスマホアプリ。しかし、2017年はじめに開催されたダボス会議では、次の「ウェアラブルデバイス」の話題がたくさん出たそうです。

なんと映画みたいに体内埋め込み型端末も、実用化の可能性はあるのだそう。

神経と繋がっているので、進化すれば頭で考えただけで、機械を動かすとか義手や義足を動かすとか、そういうことができるのだそうです。さすがにまだまだ実用化とか市販品という段階ではないようですが、米国ではすでにAmazonのAlexa(アレクサと読むのでしょうか)という人工知能は、会話をしてくれて商品の発注のアシスタントもしてくれるそうで、映画みたいな技術がすぐに目の前に現れるのも遠い未来ではなさそうです。

少し怖い気もしますが、次はどんなトレードスタイルが現れるのか、楽しみですね。


コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。


関連記事


バイナリーオプションおすすめ業者ランキング