バイナリーオプションのおすすめ業者は?

バイナリーオプションの業者は沢山ありますよね。

どこから始めたらいいのか?おすすめはどの業者なのか?

ランキングなんかを見てもどうも信用できないし、そもそも業者によってどう違うのか?というのもよく分かりませんよね。

攻略の仕方によって相性の良い業者、悪い業者というのもあります。

まずは、業者の選び方から書いていこうと思いますが、「もう君を信じるから、おすすめ業者を教えて!」という方は飛ばして下の方へスクロールしてくださいね。

海外バイナリーオプション業者の場合は評判の良さが必要

当たり前な話だと思われてしまうかもしれませんが、ここで言う「評判の良い」というのは出金のスムーズさやお問合せ対応に関する点を指しています。

海外バイナリーオプション業者は、短期取引があって気軽に始められる、決してギャンブルではないけどお金を増やす事が出来る、日本にはないサービスという事で人気なのですが、時差もあるし対応が雑なことが多いんです。

日本のサービスに慣れていると海外のアバウトさは目立ちます。

大きな金額を一度入金して取引するわけですから、安心感がなんといっても重要なのです。

でも、食べログやamazonの口コミと違ってバイナリーオプションは広告が多く、口コミがあまり信用出来ないですよね。

ハイローオーストラリア


ハイローオーストラリアはその名の通りオーストラリアで運営しているバイナリーオプション業者。

なんといっても老舗の業者で評判がいいです。海外バイナリーオプションでは一番有名といって良いでしょう。

長く運営されているのも人気の証拠ですし、なんといっても何年も見てきていますが、どこの掲示板でも評判が良くここを利用している人はちょっと勝ち誇っている感さえ感じられます(例:「ランキングにハイローオーストラリアが入ってない時点でクソだよね」etc..)

日本語版も何度かリニューアルされながらしっかり作られているので英語が出来ない方でも問題なく利用できます。

出金のスピードが早い

出金のスピードが早いというのが一番の評判の理由でしょう。日本円での即時出金サービスというのがあります。

通常、海外業者からの出金申請から実際に入金されるまでには(最初の取引の場合)かなり時間がかかります。

これはバイナリーオプションに限らず銀行口座を利用する場合はどんなサービスでも同じですけど、こういったジャンルですからなかなか入金されないと不安になります。

慣れればどうって事ないのですがこういった不安が少しでも解消されるという意味ではハイローオーストラリアはおすすめです。

途中決算が出来る

途中決算というのは、例えば10分の取引きだとして、購入した時から確定するまでの間に上がったり下がったり・・ってありますよね。

もしも「途中で勝っていたらそのタイミングで利益を確定できる」というシステムです。

終了を待つよりも利益は少ないものの、どっちに転ぶか分からないくらい上下している場合は「もう利益確定しちゃおう」という作戦が出来るのは嬉しいですよね。

これで勝率が上がる為、かなり人気ですが、個人的にはこの機能はそんなにオススメではありません。

ハイローオーストラリアのデメリットは?

「じゃあ、他に紹介しなくてもいいよ。ハイローオーストラリアに登録するからさ。この記事終わりー」

って思いますよね、それでも良いのですがもうちょっとお付き合いください。

確かに出金面でのスピードや信頼感で言えばナンバーワンですけど、他の業者も普通に出金は出来ますしそこまで心配する事ないんですよ。

他の業者でも儲かった分を出金した事は何度もあります。

出金や安心面が確保されているなら、よりシステムが使いやすい・勝ちやすい・チャートが見やすいサイトの方が良いと思いませんか?

ハイローオーストラリアは個人的にチャートがもさっとしていてやりづらいんですよね。


「もさっ」て何だろう・・と思って比較してみました。 左がハイローオーストラリアで、右がソニックオプション。

小さくて見づらいですが、赤で囲った所が同じ14:10を示しているんですね。

つまり、ハイローオーストラリアの方が「ぎゅっ」としてるんですよ。
その分、値がアバウトになります。
ソニックオプションの方がより繊細になっているという事ですね。

これは一長一短です。

ハイローオーストラリアの方が「だいたいこの辺」という所からスタートして「だいたいこの辺」で終わります。
なのでイレギュラーで負ける事が少ないという利点はありますよね。

私はソニックオプションの方が好きでやりやすいのですが、この細かい動きもきちんとMT4、実際の為替の動き通りに動いているのです。

そしてMT4よりもちょっと遅れて動くんですよね。なのでわりと思った通りのポジションを取る事が出来るのです。

ちょっとズレて「ああーーー!!絶対負けた!」って時もありますけどね。

後は、「任意の地点(自分でボタンを押した瞬間)から始まり、終わりの時間が決まっている」というのは同じなのですが、ハイローオーストラリアの場合は終わりの時間がすでに決まっているのです。(15分間隔)

なので、「ここだ!」と思ってから終わりまでにまだ7分くらいある場合もあるし、直前に押そうと思ってもその時に良い位置にいるとは限らないのです。

これが個人的にはやりづらい所。

そんなわけで、次のサイト紹介をします。

ソニックオプション

ソニックオプションは何度か出金経験があるのでおすすめのサイトの一つです。 

何しろ、取り引きの種類が少ないので非常にシンプル。 

  • レンジアウト
  • ショート
  • ハイ&ロー

の3種類がありますが、ショートもレンジアウトも基本的な部分は変わりません。 

任意の地点(自分でボタンを押したタイミング)から、●●秒後(30秒、60秒、90秒の3種から選べる)に高いか?低いか? 

というもので、ハイローオーストラリアとの違いは何分の取引かを自分で選択出来る事です。

レンジアウトは、通常のショートよりも高倍率の代わりに、購入した時の値と同じくらいだと負けにカウントされるというルールです。
上か下かどちらかにちゃんといかないとダメだよというルール。倍率は変動します。(1.83倍~2.2倍)

評判などを含めた安心感で言えば、何も知らない人ならハイローオーストラリアの方を選ぶのでしょうが、出金に関してはソニックオプションも安心となれば「どちらの取引方法の方がやりやすいか?」ですよね。

幸いハイローオーストラリアには登録しなくてもデモをする事が出来るので触ってみると良いでしょう。

では、この2択でいいの?もう選択肢増えると面倒だからどっちかにするよ~ 

なんて言わずもう少しお付き合いください。

TRADE200

例えばこちらのTRADE200はソニックオプションと取り引きメニューは殆ど同じです。

しかし、ソニックオプションの「レンジアウト」が1.83倍~2.2倍という倍率がその時によって変わる(勝ってると下がるのかは謎ですが出金して残高を0にして放っておいたらキャンペーン的なお知らせメールが届いて2.2倍になっていました。なのでユーザーの状況に応じて変動しているのかもしれません)のに対し、TRADE200は「2倍」をウリにしているのでレンジアウトに相当する取り引きの倍率が2倍で固定なのです。 

その名も、RETURN200。

詳しく検証していないので分かりませんが、こちらはNGのレンジの幅が変動するのかもしれません。
FXでいう「スプレッド」ってやつですね。

なので、初心者の方にはお勧めしませんが、慣れて来たら二つくらいのサイトを掛け持ちしてキャンペーンを利用して、条件のいいサイトで取引するというのがさらにワンランク上の攻略に繋がるというわけです。 

だからおすすめサイトもいくつか知っておいた方がいいというわけなのでした。


コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。



バイナリーオプションおすすめ業者ランキング